ダイヤモンドにおけるC4の意味とは

ダイヤモンドの価値というのは、C4で決まるといわれています。このC4というのは、クラリティ・カット・カラー・カラットの頭文字をとってC4と呼ばれているのだとか。購入するときって、ダイヤモンドの何を重視しますか?私が購入をしたときは、とりあえずオススメのものをとお願いしました。でも、カラットが大きければ大きいほどいい…と思っている人は多いようです。C4という言葉からもあるように、決してダイヤモンドはカラットではないことを知って欲しいと思います。

今回はダイヤモンドリングについて…まずクラリティについてですが、VVS1というグレードが最も多いとされています。そして次にカラーですが、カラーグレードの中でも最高品質のDカラーが最も多くなっています。最後にカットですが、これは圧倒的にエクセレントがカットグレードを占めることとなります。

ここまで決定してカラットを決めるのがダイヤモンドリングの賢い買い方だといえるのです。自然と購入できるカラットも決まるでしょう。私のように、オススメのものをと紹介してもらうと、失敗も少ないと思います。

このC4によって、手放すときに買取価格もやはり変わります。ダイヤモンドには永遠に価値があるものですが、選ぶときにこのC4というものを知っておくか知らないかで、価値は大きく違うでしょう。