売るなら知ろう、買取業者の歴史と現状

ダイヤモンドなどの貴金属の買取業者というのは、ここ数年急激に増加した傾向にあります。というのも、貴金属の原料となる金やプラチナなどの価格が昔と比べて高騰してきているからです。比べると倍以上になるというのですから、相当の値上がりだということがわかります。昔からもちろん買取業者としての歴史はあったのですが、数年で増えた買取業者の歴史はこれから作られていくことでしょう。

最近増えた貴金属の買取業者、実は買取で生じる被害も同時に増えてしまいました。被害というのは主に訪問買取で起こります。家におしかけた業者が、使っていない貴金属を見せてほしいというきっかけから始まります。そして査定だけは無料だからと査定を始め、本来の金額よりも安く見積もりをするのです。いかにも高く買います!というかのような態度に騙されてしまう人も多いのだとか。それ以外にも、買い取ってもらうジュエリー以外のものまで知らない間に持って帰ってしまい、後で気づいて連絡をしてももう業者に引き渡したからない…などという被害も起こっています。

こういうことにならないために、法律が現在は定められています。「特定商取引に関する法律の一部を改正する法律案」は、平成25年2月21日より施行されています。

高価買取をしてもらうためにはきちんと営業をしている買取業者にお願いするようにしましょう。